タグ:Snakes ( 236 ) タグの人気記事

あのドジョウみたいなの。っていうかドジョウ。

こんばんは

もさもさとバタークッキーをもさもさする夜ですこんばんは

はい、今晩はオビオビです。もう寝るので手短にいきます。
e0252746_00041095.jpg


e0252746_00050482.jpg

e0252746_00044462.jpg
e0252746_00051803.jpg
Nerodia fasciata fasciata




この子を眺めていて、なんだっけかなぁ、なんかに似てるんだよなーとか思っていて、今日ようやっと思い出しました。
クーリーローチ。いや、改めて見比べるとぜんぜん違うのだけれども。

クーリーローチ、好き。

クーリーローチって響きがまたなんかこう、好き。なんかおいしそう。

逆さまに読むとローリーチークーになるところも好き。なんかおいしそう。


じゃ。

[PR]
by alulualulu | 2016-09-29 00:34 | Trackback | Comments(0)

飼えばいいと思うよ

こんばんは

こんばんは晩御飯をどこかで食べようかと思いつつ、ですこんばんは

はい、特にお伝えする事もなく、お休み前の夜です。
あ、そうそう、オビオビが脱ぎそうです。白濁しております。

さておき、今日はタイヤっちです。ネロディア強化月間です。

e0252746_19385881.jpg
e0252746_19381167.jpg
Nerodia rhombifer rhombifer

この子もだいぶザラみを増してまいりました。尚、性格は一番ピーキーかもしれません。とにかく口を開けてびよ〜んと飛んでくる。
金魚をあげると、まるで走行中にちぎれた履帯がダババババーっと吐き出されるかのごとく変な動きをするのですが、いたって健康に育っておるご様子です。
あと1年もすれば、だいぶ立派なヘビになるんじゃないでしょうか。
キールのあるヘビ、ことネロディアは、ヘビとしてはあまり取り沙汰される事のない、成長に伴う質感の変化を楽しめる種類という、隠れた逸材だと、そんなふうに思います。
まぁ、ザラザラよりもスベスベがいいなんてひとは、スベスベマンジュウガニでも飼ってください。あれはあれで爪の先が黒かったりして可愛いです。


それでなんだっけ、あぁネロディアです。とにかく、ザラザラしたヘビはとってもステキで、そのザラザラ加減を楽しみたいとお思いになるのであれば、
あ、あとクーターとかスライダーとかが好きなひとは、ネロディア、飼ってみるといいと思うのです。

さぁ飼うのです。人工の太陽のもとで育てるのです。



[PR]
by alulualulu | 2016-09-24 20:12 | Trackback | Comments(0)

鮎はスイカの匂い

こんばんは

今日は久しぶりに雨が上がりました。雨が上がりましたこんばんは


帰りに魚屋さんに寄ってきました。鮎、買おうと思って。
鮎といえば友釣りです。囮の鮎にハナカンをつけ、臀鰭あたりに針を仕掛けます。長い竿に鮎1匹分の引きを感じつつ、鮎をなるべく自由に泳がせ、テリトリー意識の強い鮎の性質を利用し、フィンスプレッティングした相手の鮎を針に掛けて釣るという、ちょっと変わった釣りなのですが、掛かった時の独特の引きは、友釣りならではの醍醐味です。さてそんな鮎ですが、最近の鮎は養殖化が進み、果たして協調性の強い鮎へと変化してきてしまったのだそうで、なかなか友釣りがうまくいかないんだとか・・・
確かに言われてみれば、養殖で殖える鮎というのは比較的協調性の高い鮎だと想像がつきます。そんな鮎をかけ合わせていく形になるのですから、結果、みんななかよしな鮎になってしまうことは想像に難くありませんね。


「鮎はスイカの匂いがすんだぞ。鮎のたくさんいる川はスイカの匂いがする」

幼き頃、父に連れられて行った川で、そんなことを教えてもらいました。そして初めて釣った鮎。初めての友釣りの成功に興奮しつつクンカクンカしてみると、本当にスイカの匂いがしました・・・「え〜!まじで〜!」とか言いつつ、釣った鮎よりも先ず、あたしはスイカが食べたくなりました。

後に別の機会に訪れた川は、本当にスイカの匂いが漂っていて、やっぱりスイカが食べたくなりました。



というわけで鮎、今日はエリエリに食べさせてあげようと思いました。
e0252746_21164633.jpg
問題なく食いつきました。スイカの匂いを嗅いで、それで食べなかったらあたしがいただいてしまおうかと思っていましたが、杞憂に終わりました。
e0252746_21184859.jpg
もう後戻りはできません。
e0252746_21192243.jpg
もう一息。さすがに鮎、大きいです。ちょうど、マウスからラットへの移行の時みたいな感じです。
e0252746_21205145.jpg
意外と難なく飲んでしまいました。
e0252746_21215219.jpg
けれどお腹はけっこうぱんぱんです。
e0252746_21225295.jpg
まだ欲しそうにしています・・・っていうかあたしも食べたい。


ん、自分の分も買ってくればよかった。

養殖の鮎は通年手に入るのかしら。そろそろ鯉を、とか思っていましたが鮎でいいなら鮎ですね。内臓もあるし。その点マスはワタが取ってあるんですよね・・・
あれどうにかならないのかな・・・レプトミンでも詰めようかしら・・・

[PR]
by alulualulu | 2016-09-21 21:35 | Trackback | Comments(6)

赤い子犬

こんばんは

りんごをかじると歯茎から血が出ませんかと訊かれたような気がしたので、りんごを買ってきましたこんばんは

おうちに帰ると、エリエリとオビオビが脱いでました。エリエリはともかく、オビオビまで脱いでいたのには少し驚きました。前回脱いだのがえーと、いつだったか忘れてしまいましたが、10日くらい前でした。このサイクルはエリエリがちっさかった頃と同じくらいなので、なんとなく次の脱皮がいつくらいになるのか想像がつきます。

さてエリエリです。だいぶ仕上がってきました。
e0252746_22063466.jpg
脱皮直後のこの感じは、脊椎動物というよりは植物の美しさに近いものを感じます。
e0252746_22084092.jpg
Nerodia erythrogaster erythrogaster

性格はアホな子犬。

[PR]
by alulualulu | 2016-09-13 22:18 | Trackback | Comments(2)

アシヒダナメクジの大行進

こんばんは

このまえ「君の名は。」観てきましたこんばんは
ラストまではまぁいつもの新海作品だと思っていましたが、ラストはなんかこう、あいえなんでもないです。
ともかく良かったので、とても良かったです。
あと、新宿とか代々木とかあの辺の、けっこう自分の生活圏内で物語が進むっていうのも。
デートの待ち合わせ場所が偶然自分の過去の思い出と同じ場所だったりして、なんだか余計にキュンとなってしまったり。
とか。

シン ゴジラもいいけれど、君の名は。もいいです。はい。


さて、今日はエリエリです。
そろそろ脱ぐんだそうです。
e0252746_22574877.jpg
Nerodia erythrogaster erythrogaster
e0252746_22592892.jpg
脱皮前のヘビは神経質とか言いますが、この子に関しては逆に、どっしりと構えて落ち着いてくれています。
キール立った鱗から醸し出される重厚感のステキさ加減に、ため息まじりの桃色吐息が出てしまいます。

いだらもっとスゴイんですよ



それはそうとして、この錆びた感じもこれはこれでステキですね。

っていうかアシヒダナメクジがいっぱいいるみたい・・・

[PR]
by alulualulu | 2016-09-08 23:44 | Trackback | Comments(0)

白い鱗の有無

こんばんは

9月が始まりましたこんばんは

お腹が空きましたので、これからちょこっとコンビニにでも行こうかと思うのですが、少し面倒な気もします。

さて今日はオビオビが脱いでおりました。例の"ニキビのようなもの"も綺麗になくなりました。
e0252746_23301753.jpg
脱ぎたての肌はパウダリーな感じで、水を弾きます。脱皮の際に分泌される脂的な物質のせいですが、シュレッダにかけたコーヒーのフィルタを使った床材の中で飼うと、その分泌物がいい具合に乾拭きされて、ツヤツヤになるんだそうです。うちではやらないけれども。
e0252746_23345734.jpg
この子もお腹が空いてそうだったので子赤を。

e0252746_23360033.jpg
Nerodia fasciata fasciata


そういえばピクティベントリ、フロリダですが、基亜種とどこが違うのかな、とか思い、いろんな画像をよくよく見てみたのですが、フロリダには身体の側面あるいは背面に、細かな白いスポットが点在するということくらいしかわかりませんでした。先日この子を連れてくる際に、ベビーを見比べることができたのですが、なるほど確かにフロリダには体側部の帯状の模様の周りに白の鱗があるのに対し、基亜種の方には体側部に白い鱗は無くて、全体的に2色の配色でした。オビは色彩のバリエーションが豊富で、豊富過ぎるきらいもあるのですが、白い鱗の有無だけで種の判別が成り立つものなのかどうかと、ちょっと疑問が残ります。

それはそうと、フロリダの、あれはメラニスティックなのかな、黒を基調としてバンド模様が消えているヤツがいるのですが、所々に白いスポットがあって、そのどことなくダイヤモンドパイソンを彷彿とさせるパターンに、ちょっとクラクラきちゃいます。
あれ欲しい。

[PR]
by alulualulu | 2016-09-02 00:05 | Trackback | Comments(2)

暁の白濁

おはようございます

8月も今日で終わりでおはようございます。

ヤマザキの塩豆ケーキがおいしそうだったので食べてみたらおいしかったです。あんことホイップクリームを塩の効いた豆の入ったスポンジ生地で挟んだやつです。


さて。今日はオビオビ、先日連れてきたオビミズベヘビが白濁しておりました。
e0252746_04503860.jpg
Nerodia fasciata fasciata


同じネロディアでもプレーンベリィやダイヤとは微妙に異なった顔つきをしています。ネロディアはみんなだいたい同じような顔つきかと思いきや、やはり種が違えば顔つきも違うのだなと、明るくなりかけた空の下、眠いような眠くないような、寒いようなそうでもないような、変な心地で更新です。

さ、熱いコーヒーでも飲むかな。

[PR]
by alulualulu | 2016-08-31 05:02 | Trackback | Comments(0)

オレンジアイ

こんばんは

急に涼しくなりました。熱いコーヒーが美味しい季節になりそうです。
さて、今日もヘビですこんばんは。


ダイヤモンドバックなミズベヘビのタイヤちゃん。
e0252746_00470052.jpg
e0252746_00472957.jpg
Nerodia rhombifer rhombifer
e0252746_00480752.jpg
e0252746_00481867.jpg
白目の部分がオレンジ色です。これは何気にポイントの高い部分だと思います。グレーを基調とした体色は成長と共にくすんできて、最終的には乾いた泥みたいな色合いになると思うのですが、そんな無味乾燥な色の中で鈍く輝くオレンジ。漆黒の瞳と、それを縁取る金色に輝く虹彩。そうだ、目だ、目がステキなのだ。とか思うのでした。

「あるるは目力がある子が好きだよね」

先日そんなことを言われたのですが、それはそう、女性声優のルックスで誰が好きかっていうのを決める暇つぶしをしていた時のことだったのですが、女の子に限らず、やっぱり目というのは魅力を語る上で重要なポイントを持っているのだなぁと、まぁ当たり前と言っては当たり前なのですが、目って大事だなぁと、そんなふうに思った次第です。

例えばほら、ブルーアイプレコとか。あれ青くなかったらただの黒いパナクエだもの。




いや、まてよ・・・それはそれで・・・ん、アリだな。間違いない。




[PR]
by alulualulu | 2016-08-29 01:34 | Trackback | Comments(2)

またカメの話してる・・・

こんばんは

こんばんはなんだか気乗りしない夜ですこんばんは

そんなわけで、そんなわけですから、えーと、どうしましょう。

とりあえず昨日連れてきたオビオビに子赤をあげてみようと思いました。
連れてきた子が初めて食餌するというのは、記念すべき第一歩、いや、記念すべきというのは言い過ぎなのだけれども。はい、そういうわけでここ最近生き物がほとんど出てこなかった当ブログですが、これから巻き返しです。モデラのほうも旅に出ていることだし、あたしがしっかりしなければ!です。

さてオビオビちゃん。ケージを覗くと、コルクの上でヘビみたいにとぐろを巻いておりました。

e0252746_20554030.jpg
いいねぇ、こういうの。

そしてさっそく子赤を与えてみると・・・
e0252746_20572151.jpg
例によって尻尾のほうから咥えました。
エリエリに関してはこういう状態になると、自ずとパニックに陥り、金魚を咥えたまま暴れ出し、口角に引っかかった背びれが折れるまで頭をあっちこっちにぶんぶん振って、最終的にはビキビキとどこからともなく音を立てつつ強引に飲み込んでしまうのですが、この子の場合は一旦ペッと吐き出し、頭から咥え直して飲み込んでゆきました。比較的頭の良い子のようです。ええ、比較的。

さてネロディア。ネロディアに限らずなのですが、水棲傾向の強いヘビにありがちできがちな、”ニキビのようなもの”をご存知でしょうか。特に幼体に多いのですが、なんていうかこう、ええ、ニキビみたいなもの、です。
この子も例に漏れず、そのニキビのようなものができております。下の画像の矢印で示した部分がそうなのですが、どうでしょう、おわかりいただけたでしょうか。
e0252746_21090622.jpg
Nerodia fasciata fasciata
ショップなんかでベビーを選ぶときに、なるべくならば避けたい部分ではありますが、症状が軽度の場合は、さほど気にする必要はないと、あたしは思います。
これはネロディアなんかのナミヘビに限らず、ブラッドパイソンやカンドイア、それからツリーボアやグリーンパイソンなんかにもよく見られます。
おそらく真菌性かなにかによる腫れ物なのですが、水棲傾向が強いからといって、床財を濡らした状態で通気が良くないと、必ずと言っていいほどできています。なので、ここでひとつ、対処法みたいなのを紹介しておこうと思います。

まずは床材ですが、導入直後、特に幼体なんかだと、乾燥させてしまうのは逆に恐いものがありますので、普通に湿らせます。そして大事なのは通気。できるだけ通気を良くします。これはプラケなんかだと問題ないのですが、ショップから連れてきたままのデリカップなんかだと、良くありません。なので、なるべく早めにプラケなんかに移してあげることが大事です。

ここまではまぁ普通なのですが、あたしの経験則から思い至ったよりベターな方法として、ヘビが身体全体を載せられるようなコルクないし流木を置き、更に、弱くてもいいので、UVを出すライトの光を当てます。こうすると、特にネロディアなんかだと、一番上の画像のように、コルクの上でとぐろを巻き、バスキングなのかな、UVの出るライトの光を浴びて落ち着いてくれていたりします。
これを飼育の基本とし、2度、3度と脱皮を繰り返すうちに、きれいに腫れ物も消えてくれるという流れになると思います。

それから、これはネロディアなんかのミズヘビに言えることなのですが、ベビー導入直後は床材を湿らせておくというのはまぁ普通なのですが、あたしは一旦湿らせた床材が乾燥してしまったら、そのままにしておきます。床材を濡らすのは脱皮前だけとし、普段はカラカラの状態で管理します。スプレーもしません。

もちろん水辺に棲むミズベヘビですから、水容器は大きめのものを用意し、水量も多めに保ちます。どういうことかと言いますと、陸地はなるべく乾燥させたいということなのです。
UVの出る光を当てつつ、床材は乾燥させた状態を保つことで、多少床材が汚れても、悪さをする変な菌だとかが繁殖しにくいのか、症状が再発するといったことはありません。なので、たぶんおそらくきっと、悪くはない方法だと思うのす。カメの甲羅干しと同じように、ヘビの鱗干し、というわけです。

日中の河川。水面から突き出た流木ないし石の上を思い浮かべます。水滴がかかっても、お日様に照らされてみるみるうちに乾燥してしまいます。カメもミズベヘビも上陸した時はそういうところにいるっぽいでしょう?

というわけで、毎回同じようなことを言うようであれですが、ネロディアはカメみたいに飼うといいと思うのです。はい。






[PR]
by alulualulu | 2016-08-27 22:27 | Trackback | Comments(0)

"オビオビ"

こんばんは

夏が終わろうとしていますがこんばんは

夏の思い出、できましたか、できませんでしたか、どうですか。

さて今日は、唐突ながら新しい子でも紹介しようと思います。
e0252746_00222291.jpg
え、またなんだこれ・・・またあれか、ネロディアか。



e0252746_00241319.jpg
わぁいネロディア  あるるネロディア大好き
e0252746_00251335.jpg
Nerodia fasciata fasciata


餌を買いに中野に寄り道したらおりまして、連れて帰りました。他にもピクティベントリとかアカハラとかのベビーがいましたが、あれかな、持ち腹だったのかな。
オビはフロリダとかヒロオビとかはともかく、なかなか基亜種を見る機会がなかったのですが、今回は選べるほど選び放題だったので選んできました。「同じ親からの子だからどれもだいたい一緒ですよ」そんなことを言われました.
そりゃぁだいたい一緒でしょうが、その中から自分だけのお気に入りの子を選ぶっていうのが人情ってもんです。あたしは生き物に限らず、爪切りだとかニッパーなんかの道具にしたって、数ある中から選びたいひとなのです。ええ。




というわけでまたネロディア。
なんかさ、好きなんさな。


[PR]
by alulualulu | 2016-08-27 01:12 | Trackback | Comments(0)


飼育観察工作提督日記


by ALULUALULU

プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

(236)
(153)
(147)
(110)
(90)
(74)
(52)
(39)
(36)
(33)
(33)
(29)
(25)
(21)
(17)
(16)
(13)
(13)
(11)
(9)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

最新のコメント

きゃりこさんこんばんは ..
by alulualulu at 18:46
花澤香菜さんて誰だろなー..
by きゃりこ at 21:27
再びおはようきゃりこさん..
by alulualulu at 08:10
きゃりこさんおはようござ..
by alulualulu at 08:04
新しい子のお迎え、おめで..
by きゃりこ at 20:42
すごーい!鱗に1対ごとの..
by きゃりこ at 20:39
きゃりこさんこんばんは ..
by alulualulu at 02:02
ヒゲと言うとキャット系っ..
by きゃりこ at 22:53
きゃりこさんおはようござ..
by alulualulu at 05:43
ベロでックスですねわかり..
by きゃりこ at 19:54

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30