タグ:Gadget ( 16 ) タグの人気記事

薄い本の為の薄いバッグ

こんばんは

8月が始まってからというもの、なんかこう普通の生活を営んでおりますこんばんは

さて、そろそろあれですコミケです。今年の夏コミはどうなのかな、やっぱり暑くなるのかな。
というわけで、来週に控えたコミケにそわそわし始めているわけですが、今日はふと思いたち、仕事帰りに新宿の高島屋に寄ってきました。
薄い本専用の薄いバッグを買おうと思って。

先日イクスピアリに行った折に見つけて、これどうなのかな、ちょうど良さそうなんだけど・・・とか思っていたバッグがありまして、それを確かめに行ってまいりました。そして、いやはやこれは薄い本のために作られたバッグに違いない!と思うほどにピッタリなバッグでして、購入してまいりました。
e0252746_2335542.jpg
PORTER 571-09147

小ぶりでマチも薄く、というかマチは無く、ほんのり片側面が立体になるように仕立てられたバッグです。身につけた時に身体に素直に沿うような感じです。マチのあるバッグだと、どうしても遠心力だとかでぶらんぶらんするような感じがしますが、これなら小さくて薄いので、背負い心地も悪くない感じです。
ぺたんこなバッグ、あんまり実用的ではないのかもしれませんが、こと薄い本を入れる為にとその用途を限定すると、なかなかどうしてこのバッグはいい感じにまとまったバッグなのではないだろうか、とか、思うのでした。
e0252746_23142933.jpg
(画像はイメージです)

あたしはたくさん買うわけではないので、これくらいのバッグがちょうど良いと思います。それでも10冊くらいは平気で入ってしまうので、縦深一撃離脱スタイルの方や、ピンポイントスナイパーみたいな方なんかには強くお勧めできるような、そうでもないような・・・・ともかく、たくさんは買わなくて、身軽な装備で臨みたいという方にはお勧めです。
と言っても背中にバックパックを背負うことには変わらないのですが・・・・

楽しみだなぁ・・・・☆
[PR]
by alulualulu | 2016-08-04 23:42 | Trackback | Comments(2)

五階級特進

こんばんは


アイホンがだめになりました。

充電はできるものの、Macとの情報のやりとりができなくなってしまったのです。なので、画像を撮ってもアップロードすることができなくなってしまいました。完全なスタンドアローンになってしまったわけです。

というわけで、新しいアイホンを買ってきました。ほんとはSEが欲しかったのだけれど、近所のお店に在庫が無かったので、6sにしてみました。ついでに純正のレザーケースもポチリ。
そういえば前職ではiPhoneのケース、5まで作っていたっけなぁ・・・と、ふいに思い出しました。
特に5が出た時のこと。
社長から緊急招集がかかり、新しいiPhoneのケースを作るにあたり、あたしはどっかから仕入れてきた新型のiPhoneの寸法を元に、アクリルのモックアップを作ることになったのです。
サイドの面取りの具合だとか、ICカードを入れるための微妙な厚みだとか、機械工作されたカタチを手で再現するという、言ってみればアイホンのフルスクラッチモデルを作るという感じだったのですが、なかなか楽しい仕事でした。
細長いデザインでしたね。なかなか好きな触り心地でした。
当時あたしを含む周りの皆も、5のデザインにiPhoneの完成型を見ていたような気がします。幅といいサイドの垂直から得られるホールド性といい、端末としての形状によるところの理想形だったのでは・・・とか思います。

さてそんなわけで新しく買うアイホンはSEにしよう!とか思っていたのですが、はい、6sもなかなかどうして悪くありません。
というか、あたしはあんまり機種に頓着がないかもしれません。並べて比べれば、その違いに優劣をつけることは容易いのですが・・・だいたいにおいて、手のほうが慣れるってもんです。
まさしく手のひらクルゥゥです笑



機種変更をするにあたり、具合の悪くなったiPhoneをお店に持っていきました。

「機種変更したいんですけど・・」

「5ですか?5sですか?」

「4なんですけど・・・」

「えっ!」

「すいません・・」


なんだかなぜだか申し訳ない気持ちになってしまいましたが、はい、4でした。
e0252746_2030128.jpg

5年3ヶ月。

よくぞ今まで頑張ってくれていたものです。
そりゃ壊れるわな。


さてというわけで、新しいiPhone。ちょっとおっきくてなんだか割れてしまいそうで怖い6sですが、この子も5年くらいは使えるといいな、とか思います。はい。

そして今さっき届いた純正のレザーケースを装着・・・・

自分たちの過去を否定するようで心苦しくもあるような気もしますが・・・

ん。ケースは純正だな。間違いない。
[PR]
by alulualulu | 2016-06-28 21:22 | Trackback | Comments(0)

The Star Spangled Banner または Stars and Stripes Forever

こんばんは

4月も半ばを迎えようとしていますがこんばんは

日曜日。昨晩はお友達とご飯に行ったりビリヤードなんかをしたり、久しぶりに遊びました。
獣会と題された集まりで、ジビエだとか熊なんかを楽しむ集まりに期待が高鳴ったものですが、お肉はもちろんのこと、鹿の脳のお刺身が味わい深く、とても印象的でした。舌の上でトロリと溶けて、枇杷の葉に似た香りが口の中に広がります。脳はスープやフリットなんかにするとは聞いていましたが、狩場で即解体され綺麗にされた獲物であれば、生で是非、という感じでした。

さて、先日手配していた黒いパーカが手元に届きました。今回選んだのはCAMBER。
キャンバーのスエットはヘヴィーウェイトが売りですが、中でも12.5ozという厚めの生地に、サーマル地のライニングがついているタイプを選びました。ジップアップとプルオーバ、前者は着回しの幅が広がりますが、以前同じキャンバーのジップアップのパーカを着ていた際に、ジップの下の部分がクルッと上を向くという症状に悩まされ、うぅーん・・となったことがあったので、今回はプルオーバにしました。また、細かいディテールで言えば、ジップアップのほうは身頃の生地が横方向に使われているという点も、なんだか気になりました。
布地には縦方向と横方向とがあって、縦方向には伸びにくく、横方向には伸びやすいという特徴があります。綿のスエット生地は、洗濯すると若干縮むという性質があり、その縮みを防ぐ為に、生地を横方向で使うというというのがキャンバーの採ったやり方で、生地を横方向に使うことで若干失われる着心地を、身頃のサイドに設けたリブで補うというものです。
つまるところ、縮みを防ぐというよりも、生地の伸びで縮み分を補うという発想なのだと思うのですが、あたし的には、生地の横方向を縦に使ったた生地というのは、なんかこう、サーロインの塊肉を間違って横方向に切ってしまったみたいな感じがあってどうもしっくりこないのです。

いや、別に悪いわけではないのです。寧ろ、生地の特性をよく理解し、適材適所に素材を持ってくるという点では、とても高く評価するべき点であるとも思えます。
ええ、完全にあたしの感覚の問題なのです。

さて、というわけで黒いパーカです。
e0252746_1842688.jpg
CAMBER #132

黒いボディから覗く生成りのサーマル地が眩しくて、目がハートになります。12.5ozという厚めの生地が持つ重量感に、肩が凝りそうな気がします。気がするだけです。
e0252746_1849856.jpg
近頃めっきり目にする機会が減りましたMADE IN U.S.A.のタグに、どこかしらノスタルジックな感傷を覚えます。
ライニングにあしらわれたサーマル地も、昨今ではヒートテックに代表される高性能肌着の台頭に、すっかりとその影を潜めてしまいました。今から20年以上前に興盛を誇っていたアメリカンカジュアル。そのスタイルに支持されていた本格的なスエット地やサーマル地といった素材は、時代が移ろいゆく中で、今でもひっそりと生きながらえているのです。
[PR]
by alulualulu | 2016-04-10 19:14 | Trackback | Comments(2)

お家賃よりも高い服

こんばんは

今世紀が始まろうとしていた頃に買ったマルジェラのジャケットのボタンが外れましたこんばんは。

古着のデニムのジャケットにペイントされただけの、言ってみれば黒くペイントされた、ただのGジャンでしたが、ゴワゴワ感がとてもお気に入りだったので、ボタンが外れてしまってとても残念です。でした。
当時のあたしはバカだったので、可処分所得も少ないくせに、お家賃よりも高いお洋服を買ったりしていたのですが、そのマルジェラのジャケットを着て、ふと我に返ったという、なんかこうパラダイムシフト的な時期の、思い出深いお洋服でした。
90年代後半のヴィヴィアンやギャルソン、そしてマルジェラと、モードのシーンが今よりも凄くキラキラしていた時代。決して安くはないお洋服を、ちょっと神経質な感じで着ていた当時、マルジェラのリメイクのペイントシリーズは、古着を着る感覚で着られるモードというあたしなりの理屈で、楽チンに着られる精神的に着心地の良いお洋服でした。
e0252746_21283782.jpg
e0252746_2129254.jpg

この背中のステッチを見て「懐かしい」と思われる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
このステッチが、きっと始めに切れるだろうな、とか思っていたのですが、まさかボタンが外れてしまうなんて・・・でもまぁ他の部分は健在なので、この夏にでも探して付け替えようかと思います。
さて、15年前と比べて今のあたしはあまりお洋服を持っていないヒトになってしまったわけですが、普段着に着ていたマルジェラが一旦入院するとなると、今度は今の時期に着られる丁度良いジャケットがありません。これはもう死活問題です。

というわけで、ずっと欲しかった念願のパーカに手を出すことにしました。初めての黒いパーカ。
というか、ほんとお洋服を買うのが久々過ぎて、ちょっとなんだか緊張します。

うん、春だし、いいかな。こういうのも。

あれ?でも待って、もうパーカもいらなくなりそうじゃない?もうあったかくなりそうだし・・・

どうしよっか・・・

「買っとけよ」


そう囁くのでした。あたしのゴーストが。
[PR]
by alulualulu | 2016-04-06 21:58 | Trackback | Comments(0)

ワルシャワパクトの香り

こんばんは

「五連休」と打とうとしたら「五連装酸素魚雷!」と出てきましたこんばんは。

一週間、瞬く間ですね。


えーと今日は、新しい靴をおろしたので紹介します。
e0252746_21561019.jpg

仕事用に上履き的な白い靴が必要なのですが、今まで履いていた靴がちょっとアレになってきたため、新調しましたチェコのセボ。
e0252746_21573495.jpg

キャンバスのバルカナイズのいわゆるローテクスニーカですが、木型が秀逸で、幅の広いあたしの足にもぴったりです。つまるところ、実寸での足のサイズとジャストなサイズが問題なく履けるっていうような靴なので、フィット補正が効くっていう感じです。ワイズがたぶん、EEEくらい。サイズの合うスニーカってなかなかないのですが、あいえ、足に合うっていう方がいいのかな、ともかく、セボの木型はなんかこう、あたしの足によく合う木型を使ってくれています。あと、ウエストのくびれ。ここのくびれは数あるスニーカの中でも最高のくびれです。(異論は認める)インソールにアーチサポート的なパーツが付いているのですが、かなり深めにえぐれたあたしの土踏まずにも、そのアーチサポートがピタッとキマって、なんだか嬉しくなります。
e0252746_2255969.jpg
ディテイルを見ると、基本コットンキャンバスのみでできたアッパにバルカナイズドのラバーがぐるりと巻いてある感じなのですが、ラバーのソールの下に一枚、EVAのソールが貼ってあって、どことなく共産主義を抜け出して民主化しました的な雰囲気を醸し出しております。しかしそこはセボ。伊達に50年前の設備を使い続けているわけではありません。クンカクンカするとやっぱりワルシャワパクトの匂いがプンプンします。巻かれたラバーのトレッドパターン然り、大きめなハトメ然り。


いろいろなメーカがどんどん生産国を他国へ移す昨今ですが、セボにはこれからもチェコで作ってもらいたいなと、そんなふうに思います。移してもいいけれど、なるべく東欧を抜けないでほしいです。はい。
[PR]
by alulualulu | 2015-09-18 23:39 | Trackback | Comments(0)

ひゃくちゃん

こんばんは

土曜出勤を済ませ、ドジョウをお土産に帰ってまいりましたこんばんは

さて、今日は先日買ってきたイヤホンの紹介でもして、さささっと終わらせてしまいましょう。


e0252746_1735016.jpg
SONY XBA-100


はい。XBA-100です。

画像を見ればわかるように、真鍮製のイヤホンです。聴き心地はというと、女の子の声がよく聴こえるというような感じの中高音がよく響くイヤホンで、ボーカルはもちろんのこと、ギターリフやスネア、ハイハットなんかがキラキラ輝くような雰囲気です。たぶんにこの辺は個人の好みに大きく左右されるような部分だと思うので、あんまりどうのこうの言うのも違うのかな、とか、そんなふうにも思いますが、女の子の歌が聴きたいけれど、ちょっとだけいい(コンビニで売ってるようなのと比べて)イヤホンで聴いてみたいな、という方にはオススメかもしれません。

リニアドライブバランスドアーマチュア・・・とか言われてもよくわかりませんが、なんとなく音の響きはカッコイイですね。
お値段も高くないし、プラスチックにメッキをかけたようなおもちゃっぽいデザインのものはちょっと・・・というような方にも、いいかも。です。



というわけで、あたしの新しい愛機。ひゃくちゃん。でした。




(撮影協力 : カレハっち)
[PR]
by alulualulu | 2015-06-27 18:04 | Trackback | Comments(0)

専用機

こんばんは

今日は土曜出勤こんばんは

帰りに秋葉原に行ってきました。e☆イヤホン。

新しいイヤホンを買うための視聴をしてきましたよ。
ピンキリでキリが無いので、アンダー30kのものをメインに探してまいりました。

視聴する曲は、花澤香菜の"君がいなくちゃだめなんだ"の歌い出し、カラフィナの"ひかりふる"、そして小倉唯の"Baby Sweet Berry Love"の3曲。

ざーさんの歌は、冒頭の「声だけの部分」がいかに良く聞こえるかを意識し、"ひかりふる"では音の広がりというか奥行きがどれだけ広く感じられるかに耳を傾け、そして唯たんでは、細かなシンセサイザーの音の解像度と、唯たんの特徴的な「LとRの発音」と「語尾の余韻」がいかに良く再現されているか、だとかに注意しながら、あれこれ探してみました。

と、こんなふうに偏った基準で探してみると、案外すぐに絞られてきます。
価格帯を絞ったことも功を奏したのか、数あるイヤホンの中から最終的に2つに絞ることができました。

Final Audio Design ”heaven Ⅳ” 

SONY "XBA100" 


ファイナルのヘヴンⅣは、カラフィナの曲がすごく良く聞こえました。空間の奥行きが感じられるっていうんでしょうか。ボーカルの感じもいい感じです。ただ、ちょっと装着感がしっくりきませんでした。筐体の重量バランスなのかな、ちょっとその点だけ引っかかりました。あたしの耳のカタチとの相性っていうのも大きいのでしょうね。こういう点でも、イヤホンの視聴って、大事っぽいかも、です。

次に、SONYのXBA100。この子は装着感がとてもしっくりきました。そしてボーカル、声質の再現性においては、ヘヴンの上を行く感じでした。あくまでざーさんと唯たんの声との相性が良いだけなのだと思いますが、そこ、大事です。何を隠そう、今回は唯たん専用機を探すという名目の元にイヤホンを探しているわけですから。
あと、わりとどうでもいいところだったりするのですが、ケーブルがセレーションケーブルっていって、ケーブルの表面に細かな溝がモールドされているのですが、なんかこう、網戸の網を押さえるゴムチューブみたいでした。

全体の音の広がりとしては、ヘヴンに軍配が上がりますが、声に的を絞ると、XBA100のほうがいい感じです。装着感もけっこう大事ですし。
細かいことはよくわかりませんが、スペック的にはヘヴンのほうが上なのだと思います。価格は大手ブランドと専門メーカとの違いがありますので、その差はあって無いようなものだと思いますが、おそらく生音だとかライブ音源なんかを聞き比べた時に、また違った評価ができるんじゃないでしょうか。

そして見た目。ルックスもけっこう大事です。「かわいいは正義」という言葉もあるくらいですから、できれば見た目もそれなりにかわいいほうがイイに決まってます。
これについては、やっぱりSONYでした。真鍮削り出しの筐体っていうところも、エイジングが楽しめそうです。ヘヴンにはその名も"ヘヴンⅤエイジング"っていう、やはり真鍮削り出しのモデルがあるにはあるのですが、ちょっと予算オーバかな、という悲しい現実が見え隠れしないでもないです。
あとやっぱり装着感ですね。どんなにかわいい子でもしっくりこないとお互い残念ですからね・・・





というわけで、聴く音楽を限定してイヤホンを探すという新しい遊びに目覚めたわけなのですが、けっこうおもしろいので、皆々様も試してみてはいかがでしょうか。

次はレディオヘッドの"キッドA"とベートーヴェンの"熱情"だとかでやってみたいと思います。

とか。



さ、今宵も我々あるるたちはいつものように活動を開始します。

明日は休み!  おーぅいえー!
[PR]
by alulualulu | 2015-05-09 20:35 | Trackback | Comments(0)

局地戦装備

こんばんは

DMMのログインサーバが落ちてしまったようでなかなか着任できませんでしたこんばんは

ようやっとログインできて、早速E-4で新しい子を探しているのですが、今朝はしおいちゃんが出てくれました。朝雲とか早霜とか、あとあきつ丸や大鯨とか、まだまだ続きそうです。


さて、そんな提督のほうを他所に、今日は紐の無いブーツが届きました。(BGMはヴァンゲリス)
e0252746_2140387.jpg
ONITSUKA TIGER "ANTARCTIC TIGER"

去年の頭頃、遠くの友と原宿デートをした時に、お店で見てちょっと気になっていたブーツだったのですが、ブーツはやっぱり編み上げでしょう!と思い、今年の頭にコーコランのジャンプブーツを買ったものの見事に履かず・・・そして今に至るのですが、これからの季節、コミケやワンフェス等々、寒さの中での持久戦が待っている事を思うと、やっぱりどうしてもブーツが欲しいわけでして。
そんなわけで、4シーズン前のモデルですが、アマゾンにまだ在庫が残っていたのを良い事に、ぽちっとしてみたのでした。
色でちょっと悩みましたが、見ていてなんだか、ほっぽちゃんぽいな・・・と思い、ライトグレー(表記ママ、実際はサンドベージュに近い)にしてみました。
また、ウエルトとミッドソールのオレンジがなんだかバカみたいに目立つのですが、ボリュームのあるトウまわりと、白いコマンド系のソールとが相まって、なんだか新型の白いタコヤキ型艦載機っぽいな・・・・とか思い、ま、いっか。と決めてしまいました。

筒の部分にはキルティングのライニングがあしらわれ、目視は出来ませんが、ボリュームのあるトウの内側にはファーのライニングが装備されています。これは極地作業用の防寒靴をモチーフに再現されたディテールなのだそうですが、おもちゃっぽい外見とは裏腹に、それなりのポテンシャルを持っているブーツっぽいです。

というわけで、毎シーズン恒例、冬が来るとブーツが欲しくなる病が発症したわけですが、今年はもうこれでオーケー。
もう何も怖くない!



さ、あるるの冬支度も揃ってきましたが、寒い季節に向けて、うちの温室もそろそろ冬モードに突入です。といっても空中温室にアクリルのスライドドアをつけるだけだったりするのですが。
来年はまたもうちょっと規模を拡張する予定で、目下設計中の棚があるのですが、そちらはまた今度。
特に今はこれといった変化は無いですが、ここ最近のヘビーローテーションのエリエリをまた載せておこうと思います。この子にはちょっと言い知れぬ思い入れがありましてですね・・・・・
e0252746_22561223.jpg
Nerodia erythrogaster erythrogaster
e0252746_035418.jpg

ウロコの質感がグッド〜
なのです。
[PR]
by alulualulu | 2014-11-19 23:41 | Trackback | Comments(2)

旧時代の輝き

こんばんは

東京のアパートに帰ってまいりました。
なんか、帰りの電車が臨時快速とかいう聞き慣れない、そして見慣れない車両で、ひと昔前の特急列車のような内装だったので得した気分でしたこんばんは
e0252746_2413182.jpg






さて、実家で発掘してきたグッズを紹介しましょう。
e0252746_1411124.jpg

旧時代の水槽用ライト。
ステンレスのスポット溶接がキュートです。
e0252746_1423792.jpg
予備電源や点灯スイッチの白いプラスチックがまぶしいです。


こういう単純な機器は、規格が変わらない限りはずっと使えるというところがいいですね。これがパソコンなんかだと、いくら優れたデザインだったとしても、無用の長物になってしまいますもの。




というわけでヴィンテージの水槽用ライト、新しい管とグロー球を用意して、シダたちの育成用に使おうと思うのでした。
そしてこのライト、スイッチを入れてランプが点灯する前の、グローがピカピカしてる時の音の響きがいいのです。
ピン!ピンピンピン!って。ステンレスボディ故の音の響き。
こういう、意図されていない部分の魅力があるからこそ、このライトはより一層輝くのです。
[PR]
by alulualulu | 2013-10-21 04:42 | Trackback | Comments(6)

かわいいコップ

こんにちは

今日は「ガレージキット誕生物語」のことを思い出してですね、あちこちまわってみたのですがどこも売り切れでした。

皆さんご存知ないかもしれませんが、当時海洋堂で発売されていた1/35スケールのLEDの後に、1/48スケールシリーズのソフビのキットっていうのが出ていまして、あたしはクロスを買った覚えがあるのです。

あ、えーとFSSのMHですよ。

ルーターベイルのスポークの部分が、ピアノ線を張っていくという、ハイテックモデルばりの難易度を誇る(ルーターベイルのところだけだけど)キットで、あたしなりにかなりときめいたキットだったのでした。いわずもがな、1/35スケールのLEDのフレームユニットのタンクの下に付いている、メルカバの砲塔にぶら下がってるようなチェーンにもわなわなとときめいていたことは言うまでもなく、ああいうちまちまとした作業が大好きだったなぁ、とか思うのでした。


さてそんなわけで、本も見つからないままに中野のブロードウェイをぷらぷらしていたのですが、マミタスにあったコップが気に入って、コップを買って帰ってきたのでした。
e0252746_1942934.jpg
mmtsかわゆすのお!
e0252746_19424799.jpg

"細かい芸"というのは、なにも手作業に限った事ではないのですお。
[PR]
by alulualulu | 2013-07-07 20:40 | Trackback | Comments(0)


飼育観察工作提督日記


by ALULUALULU

プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

(229)
(153)
(147)
(110)
(90)
(74)
(52)
(39)
(36)
(33)
(33)
(29)
(25)
(21)
(17)
(16)
(13)
(13)
(11)
(9)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

最新のコメント

きゃりこさんこんばんは ..
by alulualulu at 02:02
ヒゲと言うとキャット系っ..
by きゃりこ at 22:53
きゃりこさんおはようござ..
by alulualulu at 05:43
ベロでックスですねわかり..
by きゃりこ at 19:54
きゃりこさんこんにちは ..
by alulualulu at 17:20
一瞬タイトル、ベロネソッ..
by きゃりこ at 20:58
きゃりこさんこんにちは ..
by alulualulu at 14:04
明けましておめでとうござ..
by きゃりこ at 08:53
mmmさんこんにちは ..
by alulualulu at 13:45
アルルさんこんばんは。 ..
by mmm2501 at 22:33

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31