アシストフィード

こんばんは

今日は久々に月夜野ファームからネズミを送ってもらいました。あそこのネズミはいつも新鮮ですね。

さて今日は、この前連れてきたブラッドパイソンFHベビーのアシスト&チェーンフィードです。

「今時餌付いてないヘビなんて」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、はい、けっこういるものなのです。

親切なお店ならば、その辺ちゃんとケアしてから販売しているのですが、案外そうじゃないお店もけっこうありますし、特にボールなんかのFHベビーに多いような気もします。
かくいうあたしも、たまたま出会ったお店がそういうお店でした
ピンセットでチラチラしても、或は置き餌にしても、反応こそすれど喰いつかない。
あぁ、餌付いてないのね、となるわけです。
場合によっては、しばらく置き餌で試してみたらいつの間にか食べるようになった、というパターンもあるにはあるのですが、今回のこの子は、しきりに餌に反応していたので、食べたくても食べ方がわからない、或は"食べる"という概念が出来ていないように感じました。
そこでアシストです。

今回はブラッドパイソンのFHベビーなのですが、ことボア・パイソンの類のアシストは、元々そこそこのサイズがあるので、意外とやり易いと言えるんじゃないでしょうか。特にブラッドパイソンに関して言えば、くわえさせたらまず吐き出さないので、とてもやり易いように思います。

では実際にやってみましょうか。
先ず、用意するマウスのサイズですが、ファジーを普通に呑めるようなサイズの個体には、ピンクのMサイズを使うようにしています。
ピンクの用意ができたら、まず左手の親指と人差し指でヘビの頭をつまむように持ち、残った指で首をなるべくまっすぐになるようにやさしく握ります。この時、出来れば尾の先端を小指なんかで保定してあげられればベターですね。
そうしたら右手でピンクをつまみ、ヘビの上顎にピンクの鼻先をひっかけるようにして、くにゅっとねじ込みます。

ここであんまり力を入れすぎると、ピンクがプチャッ☆となりますので、無理矢理グリグリはしないようにしましょう。ピンクのあれは脂肪かな、けっこう匂いがきついのです。指に付くと、なかなかとれないのです。鶏もも肉の黄色い脂肪分みたいな感じなのです。

ポイントはですね、ピンクをひっかける時に、顎の真ん中じゃなくて、鼻の穴の真下あたりにひっかけるのです。そして例えば右の鼻の下に引っ掛けたならば、時計回りに、左側だったなら反時計回りに、ピンクをくにゅっとねじ込むのです。
そうしてピンクを顎の真ん中まで入れられたら、今度はそっと喉の方に押し込むのですが、この時左手の親指と人差し指を90度回転させて、上顎と下顎を軽くおさえてあげるのです。こうしてあげることで、開き過ぎた口がいい感じに閉じて、歯にピンクがかかり易くなるのですが、だいたいピンクの肩のあたりが見えるか見えないかくらいまで入れてあげれば後は自分で呑み込んでいくと思うので、そっとケージに戻してあげます。

チェーンフィードをかける場合は、1匹目のピンクが見えなくなる前に、ちょうどお尻だけ見えるかな、っていうくらいの時に、そっと横から2匹目のピンクを口の中に入れてあげます。ヘビは1匹目のピンクを呑み込もうとあぐあぐしているので、2匹目のピンクは自然に歯に引っかかって、文字通り繋がったように呑み込まれていくわけです。
e0252746_1772858.jpg
Python curtus brongersmai

出来れば各セクションの実際の画像を載せられれば良かったのですが、とりあえず文章で想像力を働かせてみてください。

アシストフィードの頻度ですが、一度に与える量にもよると思うのですが、うちでは週に2回、お腹の具合を良く観察して、いけそうだな、と思った時はチェーンで2匹与えるようにしてみました。
これを数回、長くても例えば次の脱皮まで続けてあげると、だいたい次回の脱皮の後から自分で食べてくれるんじゃないでしょうか。そうあってほしいですね。

この一連の方法が出来ると、後は強制給餌など、いろいろ応用も出来ると思います。

これから大きなイベントがあったり、地方へ出張したりした時なんかに出会ったベイビーが餌付いてない場合もあるかと思います。
そんな時はお店側に文句を言っても始まりませんので、良い機会だと思って、アシストフィードにチャレンジしてみましょう。

ジュブナイル以降の拒食個体なんかはこの限りではなく、強制給餌が必要だったり面倒な事この上ないのですが、知識と経験則、そして運を味方につけてがんばりましょう。
まぁ、どうしたってダメな場合もありますが、そこはそれ、相手が生き物である以上、そういうこともままあるのです。

順調に食べていたモイラヘビが、ある日突然錐揉み状態にくるくる回りだし、止まったと思ったら死んでいたとか、そういうことがあるのがこの趣味なのです。(遠い目)


というわけで長々とアシストフィードについてお伝えしましたが、これが少しでも、誰かのアシストになれたならば幸いです。
[PR]
by alulualulu | 2013-07-24 19:12 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://alulualulu.exblog.jp/tb/20842039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おやぢ at 2013-07-24 20:51 x
一昔前はアジアンスネークは大概餌付いてないもんだ・・・というか明日落ちてもおかしくないようなのが当然のジャンルでしたね・・・
今はテレカ使う機会も少なくなりました。
いい時代になったもんです
Commented by alulualulu at 2013-07-25 02:41
おやぢさんこんばんは

だいたい20年くらいこの世界を見てきていますが、どうなんでしょう、良くなった部分と同じくらい、先行きは見えにくくなっているようにも思うのです・・・

なんて事を言い出したらキリがないですね笑
良くなった部分は素直にそれを受け止めて、出来うる限り存続できるような世界であって欲しいと思うしかないですね。
技術とともに、意識も向上しないことには。
それこそが今の我々にとって一番大切な事のように思うのです。


飼育観察工作提督日記


by ALULUALULU

プロフィールを見る
画像一覧

検索

タグ

(238)
(154)
(147)
(110)
(91)
(74)
(52)
(39)
(36)
(33)
(33)
(29)
(25)
(21)
(17)
(16)
(13)
(13)
(11)
(9)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

最新のコメント

mmmさんこんばんは ..
by alulualulu at 20:25
御無沙汰してます。ワタシ..
by mmm@スマホ at 16:28
きゃりこさんこんばんは ..
by alulualulu at 18:46
花澤香菜さんて誰だろなー..
by きゃりこ at 21:27
再びおはようきゃりこさん..
by alulualulu at 08:10
きゃりこさんおはようござ..
by alulualulu at 08:04
新しい子のお迎え、おめで..
by きゃりこ at 20:42
すごーい!鱗に1対ごとの..
by きゃりこ at 20:39
きゃりこさんこんばんは ..
by alulualulu at 02:02
ヒゲと言うとキャット系っ..
by きゃりこ at 22:53

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30